γ-GTP ガンマGTP 下げる サプリ

 

γ(ガンマ)-GTPを下げるには?

 

健康診断や人間ドッグを受けると、血液検査ってありますよね。若いときは、そんなに数字は悪く出ませんが、40代、50代になってくるとだんだんと数値が悪くなってくるのが普通だそうです。ただ、だからと言って、そのままにしたくはないですよね。中には、運動をしたほうがいいとかというものもありますが、出来る限りの健康への努力はしたいものです。

今回、取り上げる、γ(ガンマ)-GTPは、肝臓や腎臓、膵臓、血液中などに含まれており、タンパク質を分解する酵素のことです。この酵素は、アルコールや薬などにより肝臓が傷めつけられると、血液中に出てくることで知られています。この肝臓の健康具合を知る指標としては、γ-GTP以外にも、AST(GOT)やALT(GPT)があります。

このγ(ガンマ)-GTPの基準値は、70以下となっていますが、お酒を飲む方は、飲み過ぎが重なってくると、この数字が悪くなってくることが多いです。最初は、このγ(ガンマ)-GTPだけですが、AST(GOT)やALT(GPT)の数値もだんだんと悪くなってきたり、肝臓に脂肪がつく「脂肪肝」になってきたりします。

できれば、よく言われるように、休肝日を週に2日設けたり、お酒を控えるなどすればいいのですが、お酒が好きな人には、それも難しいと思います。

そこで、おすすめするのが、肝臓サプリです。こちらの肝臓サプリは、γ-GTPを下げるとともに、毎日、飲むだけで、肝臓が健康な毎日を送れるというものです。

特に、「レバリズム-L™」を飲まれている方は、γ-GTPが221から翌年には、170、次に81、今では、64の正常値に戻った人がいますので、おすすめです。その他にも、同じように、γ-GTPが300台の人が正常に戻った例もあります。

これに加えて、運動をしたり、肝臓自体を構成する肉(脂質の少ないもの)や 魚、卵や大豆などの良質なタンパク質をとれば、対策として万全です。

特に、レバリズム-L™は、こんな人におすすめです。

レバリズム-L™はこんな人におすすめ
  • お酒が次の日に残りやすい
  • 朝の目覚めが悪い
  • 疲れやすい
  • 悪酔いをする
  • 顔色が悪い
  • 2日酔いの回復が遅い
  • 肌の調子が悪い
  • 食欲がない
  • 夜中に目が覚めることが多い

 

レバリズムについて

 

レバリズム-Lは、肝臓の働きをサポートするサプリメントです。

レバリズム

「肝臓」の解毒力・エネルギー代謝力と、回復力をサポートする6つの成分を配合

  • しじみエキス(静岡県産):しじみは昔から肝臓の特効薬。アンモニアを分解し、解毒作用を助けて肝臓の負担を減らすオルニチンの含有量は、食品の中でもトップ
  • 牡蠣エキス(岡山県産):牡蠣はアミノ酸の宝庫。特にタウリンは肝臓の解毒分解作用を助け、有害ミネラルの排出を促し、また肝臓にたまった中性脂肪の排出を促進
  • スクワレン(千葉県産):深海性のアイザメの肝油に含まれるスクワレンは、酸素と結びついて肝臓に酸素を運びます。新陳代謝を高め、免疫力を高める効果も研究されている
  • L-シスチン:L-シスチンは体内でL-システインに変換され、肝臓の解毒作用に重要なグルタチオンを作るアミノ酸。有害物やアルコールを解毒する作用を支えます。また豊かな髪やツヤのある健康な爪を保つ効果もあり、メラニンの生成を抑制することで美肌、美白効果も期待できます
  • ビタミンB2:ビタミンB2は脂肪をエネルギーに変える上で重要な役割を果たし、また成長促進、皮膚や粘膜の保護などの効果も。一度に吸収できる量が限られるので、継続的に摂取する必要があります。
  • ビタミンE:ビタミンEは、肝臓のはたらきを支える重要な成分。体内の活性酸素を非活性化させ、細胞の損傷や老化を防ぐ、抗酸化作用があります。

更新日:

Copyright© γ-GTP(ガンマ-GTP)を下げるサプリならコレ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.