γ(ガンマ)-GTPを下げるにはどうすればいい?

健康診断や人間ドッグを受けると、血液検査ってありますよね。若いときは、そんなに数字は悪く出ませんが、40代、50代になってくるとだんだんと数値が悪くなってくるのが普通だそうです。ただ、だからと言って、そのままにしたくはないですよね。中には、運動をしたほうがいいとかというものもありますが、出来る限りの健康への努力はしたいものです。

 

今回、取り上げる、γ(ガンマ)-GTPは、肝臓や腎臓、膵臓、血液中などに含まれており、タンパク質を分解する酵素のことです。この酵素は、アルコールや薬などにより肝臓が傷めつけられると、血液中に出てくることで知られています。この肝臓の健康具合を知る指標としては、γ-GTP以外にも、AST(GOT)やALT(GPT)があります。

 

このγ(ガンマ)-GTPの基準値は、70以下となっていますが、お酒を飲む方は、飲み過ぎが重なってくると、この数字が悪くなってくることが多いです。最初は、このγ(ガンマ)-GTPだけですが、AST(GOT)やALT(GPT)の数値もだんだんと悪くなってきたり、肝臓に脂肪がつく「脂肪肝」になってきたりします。

 

できれば、よく言われるように、休肝日を週に2日設けたり、お酒を控えるなどすればいいのですが、お酒が好きな人には、それも難しいと思います。

 

そこで、おすすめするのが、肝臓サプリです。こちらの肝臓サプリは、γ−GTPを下げるとともに、毎日、飲むだけで、肝臓が健康な毎日を送れるというものです。特に、「しじみ習慣」を飲まれている方は、γ-GTPが221から翌年には、170、次に81、今では、64の正常値に戻った人がいますので、おすすめです。その他にも、同じように、γ-GTPが300台の人が正常に戻った例もあります。

 

これに加えて、運動をしたり、肝臓自体を構成する肉(脂質の少ないもの)や 魚、卵や大豆などの良質なタンパク質をとることのがおすすめです。

 

特に、「しじみ習慣は、こんな人におすすめです。

 

  • お酒が次の日に残りやすい
  • 朝の目覚めが悪い
  • 疲れやすい
  • 悪酔いをする
  • 顔色が悪い
  • 2日酔いの回復が遅い
  • 肌の調子が悪い
  • 食欲がない
  • 夜中に目が覚めることが多い

 

そして、しじみ習慣なら肝障害を予防することがわかりました。実験では、しじみを水で煮だしたエキスを乾燥させ、粉末状にしたものをラットに与えました。その後、ガラクトサミンという薬物を投与して、肝障害にしました。しじみを与えたラットと与えなかったラットでは、肝臓の症状に明らかな違いが認められました。

 

↓そのおすすめの「しじみ習慣」はコチラ!↓

 

ビジネスマン

 

最後に、参考までに肝臓サプリのランキングを載せておきますね。参考にしてくださいね。

 

おすすめの肝臓サプリのランキング

 

しじみ習慣

しじみ習慣

  • しじみ健康食品売上1
  • 88.6%の人が満足を実感
  • 定期購入なら10%割引
  • 販売実績290万箱突破

公式HPはコチラ!

 

しじみん

しじみん

  • 特許取得の特別製法で抽出されるカルサイトの力
  • 青森県産のヤマトシジミを使用
  • お酒大好きの吉幾三も絶賛

公式HPはコチラ!

 

レバリズム-L?

  • 満足度97%
  • 静岡産しじみ使用
  • その他に、岡山県産牡蠣エキスと千葉県産スクワレン(深海鮫の肝油に含まれるもの)

公式HPはコチラ!